ブログ

太陽光発電の豆知識

太陽光発電で使われる太陽電池モジュールにはいくつかの種類がありますが代表的な物は、 「単結晶」と「多結晶」のシリコン系で製造されるパネルがあります。

今回はその違いを簡単にご紹介いたします。

■単結晶

単結晶シリコンは高純度のシリコン原子が規則的に並んでいますので発電効率が高い物になります。
ただ、価格的にはやはり高くなります。

■多結晶

多結晶シリコンは太陽電池を作るうえで不良になったシリコンを合わせて作られた為、 発電効率は落ちますがその分価格が安くなります。

住宅などで設置スペースが限られていれば単結晶シリコン太陽電池で効率良く発電され、 産業用(野立て、工場屋根)などの出力が大きくなる場所には多結晶シリコン太陽電池が使われるのが一般的です。

日本最安値に挑戦!お問い合わせはこちら