コラム詳細

カテゴリ

<< 新着コラム一覧へ

補助金はいつ、どうやって申請すれば良い?

2016/05/16

  • 画像:タグ太陽光発電に関わる制度

太陽光発電の導入には、助成金制度が適用されています。補助金を支給することで、クリーンなエネルギーである太陽光発電を普及し、地球温暖化対策をしていこうとしているのです。今回は太陽光発電の補助金制度について詳しくみていきましょう。

太陽光発電の補助金はどこから出るの?

太陽光発電の補助金は、以前は国と地方自治体から交付されていました。しかし、国からの補助金は2013年度で打ち切られ、それ以降は出ていません。

よって、現在は地方自治体からのみの支給となっていますが、「都道府県」からの補助金と「市区町村」からの補助金の2種類があります。

しかし、地方自治体からの補助金は、各地域によって金額や交付条件が異なります。発電量に応じた金額が交付される場合や総工費の10%を補助されるケースなどさまざまで、自治体によっては補助金が出ない地域もあります。

申し込みの期間が限られている場合も多く、申請しようとした時には既に締切を過ぎている可能性もありますので、お住まいの自治体の補助金情報をよく確認しておきましょう。

スター電器では、お客様のお住まいの地域をお知らせいただくだけで、補助金がいくら交付されるか等お調べしております。お気軽にお問い合わせください。

補助金申請のタイミング

国による補助金は、必ず工事前に申し込みをしなければなりませんでした。申し込みが受理されてから工事に着工し、完了したら補助金の申請をするという流れになっていました。

しかし、地方自治体からの補助金は、申請のタイミングも各地域によって異なります。

自治体によって、申請の時期が「工事前」または「工事後」と異なり、この期間を逃すと補助金を受けられない場合もありますので、事前に確認が必要です。

また、補助金の予算がはじめに決まっていて、予算上限に達すると期限になっていなくても申し込みを締め切る場合もあります。さらに、募集件数をあらかじめ決めている自治体もあり、この場合は先着順となることが多いようです。

補助金の申請代行を活用してみよう

補助金の申請には、色々な書類を作成する必要があります。難しい内容の書類も多く、慣れていないと意外と時間がかかるため、気が付いたら申請の締切に間に合わなかったということにもなりかねません。

太陽光発電の業者選びの際には、補助金申請書類の申請代行サービスを行っている業者にお願いするのが良いでしょう。補助金や書類作成について、しっかり知識を持った施工業者に代行してもらうことで、書類の不備や手続きの間違いも減り、時間を節約することができます。また、お客様ご自身でも補助金申請の流れを把握しておくようにしましょう。

もちろん、スター電器では申請代行を承っていますので、お気軽にご相談下さい。

まとめ

地球温暖化や原子力発電所事故の影響により、太陽光発電への注目は、ますます高まっています。補助金制度の設置もその根拠と言って良いでしょう。太陽光発電は、初期費用が高額なため、補助金が交付されるかどうかは大きなポイントです。申請代行等を利用しながら、賢く補助金をもらっていきましょう。

<< 新着コラム一覧へ

日本最安値に挑戦!お問い合わせはこちら