コラム詳細

カテゴリ

<< 新着コラム一覧へ

パワーコンディショナの設置場所を考えよう

2016/06/06

  • 画像:タグ太陽光発電システム

  • 画像:タグ設置工事

太陽光パネルによって発電された電力を、家庭で使用できる形に変換するのがパワーコンディショナーです。太陽光発電システムにはなくてはならない機械ですが、設置場所にお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

パワーコンディショナーの持つ特性

太陽光発電の導入には、さまざまな装置が必要です。その中でも、太陽光パネルが発電した直流電流を、家庭で消費するための交流電流に変換するパワーコンディショナーは、システムにおいて、特に重要な役割を果たしています。しかし、パワーコンディショナーは設置場所を選ぶのが難しい機械でもあります。それは、以下のような特性を持っているからです。

  • 1.エアコン程度の大きさがある
  • 2.発電中は放熱する
  • 3.発電中は動作音がする

まず、パワーコンディショナーは、エアコン位のそれなりに大きいサイズの機械のため、ある程度のスペースを確保できる場所でないと設置できません。また、発電中は放熱しているので、納戸などの狭くて換気設備のない場所だと熱がこもってしまいます。精密機械でもありますので、水のかかる恐れがある洗面所も避けた方が良いでしょう。

さらに、パワーコンディショナーは発電している最中は動作音を発します。30~40デシベルのエアコンの室外機程度の音量です。気にならない方もいるかもしれませんが、リビングなど人が集まる場所では不快に感じる方もいらっしゃるでしょう。

このように考えていくと、パワーコンディショナーの設置場所は、かなり限られてきてしまいます。事例をみていくと、屋内であれば廊下や階段部分に設置することが多いようです。

パワコンには屋内用と屋外用がある?!

以前は、屋内用のパワコンしか取り扱わないメーカーがほとんどでした。しかし、最近では、産業用太陽光発電のニーズが増加していることもあり、屋外用のパワコンを販売するメーカーがほとんどです。

屋外にパワコンを設置できれば、サイズや騒音の問題も解消できますし、風通しの良い場所を選びやすくなります。屋外用のパワコンは壊れやすいという声も耳にしますが、しっかりと屋外設置用に設計されてますし、通常のメーカー保証にはパワーコンディショナーの故障も含まれているので安心です。

スター電器でも、お客様の設置場所の状況を踏まえて屋外用パワーコンディショナーのご提案もさせていただいておりますので、ご希望の際にはお気軽にご相談ください。

まとめ

太陽光発電システムの中で、太陽光パネルと同じように、重要な役割を担っているパワコンですが、それ故にデリケートな機械でもあります。施行業者に相談したり、屋外用を利用したりするなどして、適切な設置場所を見つけ、快適な太陽光ライフを送っていきたいですね。

<< 新着コラム一覧へ

日本最安値に挑戦!お問い合わせはこちら