コラム詳細

カテゴリ

<< 新着コラム一覧へ

発電システムにトラブルが起きたらどうすれば良い?

2016/08/01

  • 画像:タグ保証・点検

  • 画像:タグ太陽光発電システム

  • 画像:タグ設置工事

近年、福島第一原子力発電所事故や地球温暖化問題などの影響により、太陽光発電への注目が高まっています。
「地球にやさしいエネルギーである」「売電収入を得られる」などメリットの多い太陽光発電ですが、導入してからシステムにトラブルが発生した場合はどう対処すればいいのでしょうか?

太陽光発電システムは故障するの?

「太陽光発電はメンテナンスフリー」という言葉を耳にされたことのある方も多いのではないかと思います。確かに、ソーラーパネルはそれ自体に可動部分はなく構造はシンプルなため、経年劣化は見られるものの、頻繁には故障しません。しかし、施工不良や鳥のふん・落ち葉の付着によりパネルの表面に影ができ、その部分が発熱することが原因でパネルが破損してしまう「ホットスポット現象」が起きる危険性があります。

また、太陽光発電のシステムは、ソーラーパネル以外にも接続箱やモニター、パワーコンディショナーなど様々な機器から構成されています。特に、パネルで作られた直流電流を、家庭で使用できる交流電流に変換する役目を果たすパワーコンディショナーは、精密な機械であるため、故障の頻度も多いと言われています。

太陽光発電のシステムに不具合を発見したら?

「天候不良でもないのに何故か発電量が少なくなった」「パワーコンディショナーにエラーが発生した」など、何らかの不具合に気づいたら、まずは太陽光発電システムを設置した販売店に問い合わせをしてみましょう。無料で点検を行うサービスを行っている業者もありますので、一刻も早くシステムに故障が起きていないかどうか見てもらうことが大切です。

スター電器では、太陽光システムを設置後、「1年目」「5年目」「9年目」に無料で点検を行っております。ソーラーパネルはもちろん、架台や接続箱、パワーコンディショナーも点検させていただきますので、どうぞご安心ください。

また、点検によって故障が発見され修理となった場合でも、太陽光発電システムには、通常、メーカーの保証が付いています。それぞれのメーカーによって保証期間は異なりますが、一般的には、ソーラーパネル・パワーコンディショナー・接続箱・架台に10~15年の保証が付きますので、販売店に確認しておくと良いでしょう。

まとめ

クリーンなエネルギーを生み出してエコに貢献できる太陽光発電ですが、導入にはコストがかかります。初期費用を少しでも早く回収するためにも、できるだけ順調な発電効率を保っていきたいですね。販売店の無料点検サービスなどを活用しながら、なるべく早くシステムトラブルを見つけ、状況を改善していきましょう。

<< 新着コラム一覧へ

日本最安値に挑戦!お問い合わせはこちら