コラム詳細

カテゴリ

<< 新着コラム一覧へ

スマートメーターとはどんなもの?

2016/08/10

  • 画像:タグエネルギー業界

  • 画像:タグ太陽光発電に関わる制度

2016年4月、電力自由化がスタートしました。それにより、スマートメーターという従来とは異なる電力量計が注目を集めています。スマートメーターとは、一体どのようなものなのでしょうか?

スマートメーターとは?

画像:スマートメーター導入イメージ

画像出典元:東京電力エナジーパートナー

スマートメーターとは、電力をデジタルで計測できる通信機能が搭載された電力量計です。
各家庭のスマートメーターとそれぞれの電力会社が通信回線によって繋がるため、回線を通じて電気使用量を確認することができます。

また、遠隔操作による自動検針が可能なため、従来のような作業員による検針業務は必要なく、立ち合いなどの負担も軽減されます。さらに、電気使用量は、今まで月に1回の計測でしたが、スマートメーターでは30分に1回計測されます。30分毎の電気使用量がパソコンやスマートフォンを介してインターネット上で把握できるようになるため、スマートメーターによって、電気の「見える化」が可能になるのです。

スマートメーターと電力自由化の関係

スマートメーターは、2016年の電力自由化に向けて普及が進められてきました。スマートメーターは電力自由化とどのような関係があるのでしょうか?

電力自由化により、それぞれのご家庭に合った電力会社を選択できるようになりました。そこで、日本全国の電力会社と自由に契約するためには、電力会社と通信機能によって繋がることのできるスマートメーターの存在が不可欠なのです。

また、電力自由化の実施により、電力会社の提供する多様な料金プランの選択が可能になりました。スマートメーターやエネルギー管理システム「HEMS」によって、「見える化」された電気使用量を細かくデータ化することで、家庭の電気使用状況により最適な料金プランが選ぶことができます。

これらの理由から、スマートメーターの導入は、「エネルギー基本計画」という国の政策として進められてきました。スマートメーターは、「HEMS」と連動することで、家庭内のそれぞれの家電の電力消費量を把握でき、省エネにも大きく貢献します。
各電力会社で2020年代前半には、全ての家庭にスマートメーターを設置することが目標とされているので、導入がまだのお客様のご家庭にも、近い将来、スマートメーターがやってくるでしょう。

まとめ

電力自由化により、私達のエネルギー生活は多様性を増してきました。電力自由化の鍵を握っていると言っても良いスマートメーターですが、その導入によって、さらに節電意識を高めていきたいですね。

<< 新着コラム一覧へ

日本最安値に挑戦!お問い合わせはこちら