コラム詳細

カテゴリ

<< 新着コラム一覧へ

ソーラーパネルメーカーの比較ポイントはココ!!

2016/12/07

  • 画像:タグ保証・点検

  • 画像:タグ太陽光発電システム

  • 画像:タグ産業用太陽光発電

太陽光発電システムには、多数のメーカーがあります。メーカーによってパネルの特性や発電量が変わってくるため、太陽光発電を導入の際には各ご家庭の目的に合わせたメーカー選びをすることが大切です。

太陽光発電のメーカー選びのポイント

いざ太陽光発電を導入しようと考えたときに、最初に迷うのが「どこのメーカーのシステムを選べばいいのか?」ということかもしれません。

太陽光発電システムには沢山のメーカーがあり、さらに各メーカーのブランドの種類も豊富です。どのようなポイントからメーカーを選べばいいのかご案内しますので、参考にしてみてください。

1.設置費用

各機器の費用や工事費用、さらに割引率等もメーカーによって変わります。

2.kW(キロワット)単価

太陽光発電の導入時の価格はkW単価で表示されます。kW単価は、太陽光発電システムの総額を発電量(kW数)で割って算出しますが、こちらが安いほど割安ということになります。しかし、保証内容の違いなどシステムの総額のみで比較すると正しい判断ができないため注意しましょう。

3.パネルの材質

太陽光パネルには大きく分けるとシリコン系、化合物系、有機系があり、それぞれ性質が異なります。現在主流となっているのは、シリコン系の単結晶シリコンと多結晶シリコン、少ない資源で量産できパネルの価格を抑えやすい特徴のある化合物系です。

4.パネルの変換効率

安定した売電収入を得るには、パネルの変換効率が重要です。変換効率とは、太陽光エネルギーを電気エネルギーに変換する際、どのくらいの割合で変換できるのかを数字で表したものです。各メーカーのパネルの変換効率をしっかり比較しましょう。

5.予測発電量

メーカーの特徴や材質の違いによりパネルの特性が異なるため、変換効率がそのまま発電量に比例するとは限りません。住宅の設置条件やお住まいの地域の気候等も考慮し、予測発電量の多くなるメーカーを選ぶことが大切です。

6.保証内容

太陽光発電は10年20年と長期間使用していくため、メーカー保証の内容は大切なポイントです。メーカーによって保証年数や保証範囲、出力保証などの条件が異なるのでしっかり確認しましょう。

8.施工方法

アンカー工法や支持瓦工法等の基本的な工法は同じですが、屋根材や勾配、方角などの詳細な施工条件はメーカーによって多少異なります。ご自宅の屋根の材質や形状に合わせて施工が可能なメーカーを選ぶようにしましょう。

大事なのは各メーカーの特徴と得意分野を知ること

太陽光発電には、国内だけでなく国外のメーカーもありますが、大切なのはメーカーの得意分野がパネルや周辺機器にどのような特徴をもたらしているかです。そして、そのメーカーがご自宅の屋根や太陽光発電を設置する目的に合致しているのかどうかが、最も重要なのです。

重視するポイントが発電量なのか、コスト面なのか、さらには外観の良さなのかによっても適したメーカーが異なります。ご自宅の環境や導入目的をしっかり把握したうえで、失敗のないメーカー選びをしていきましょう。

まとめ

太陽光発電には沢山のメーカーが存在しています。安定した発電量を保ちながら、快適な太陽光ライフを送るためにも、ご自宅の屋根材や形状、導入する目的等を明確にして最適なメーカーを選んでいきたいですね。

<< 新着コラム一覧へ

日本最安値に挑戦!お問い合わせはこちら