コラム詳細

カテゴリ

<< 新着コラム一覧へ

太陽光発電の見積り比較ポイントはココ!!

2016/12/01

  • 画像:タグご契約・お支払い

太陽光発電の導入を検討したら、まずいくつかの販売会社から見積もりを取ってみようと考える方も多いでしょう。今回は、太陽光発電の見積もりを取る際の比較ポイントについてお伝えしていきたいと思います。

太陽光発電の導入は安さだけで選ぶのは間違い

地球にやさしいクリーンなエネルギーを生み出しながら、売電収入を得られる太陽光発電ですが、初期費用が高いのが気になるという方もいらっしゃるでしょう。

確かに太陽光発電は決して安い買い物ではないため、できるだけ初期費用を早く回収したいのも本音です。しかし、金額の安さだけで販売会社を選択すると、のちのち後悔することにもなりかねません。

太陽光発電の導入費用は、設置機器のメーカーやご自宅の屋根材、さらには販売会社によって大きく異なります。金額が安い分、導入後の施工保証や点検がきちんとしていない業者もあるため注意が必要です。太陽光発電の導入の際には、複数の販売会社に見積もりを依頼して、さまざまな条件をよく比較するようにしましょう。

見積書の比較ポイントは?

複数の販売会社に見積もりを依頼したら、見積書をよく比較することが大切です。比較ポイントは金額だけでなく、適切に作成された見積書であるかどうかを確認し、使用する部材に違いはないか、保証は付いているのかなどをしっかり確認しましょう。

以下が見積書のチェックポイントです。

  • 会社名や住所、電話番号等の基本的な項目の記載があるか
  • 施工方法や設置機器のメーカー、屋根材等に間違いはないか
  • パワーコンディショナー、接続箱等の必要な周辺機器が記載されているか、余分な機器が記載されていないか
  • 設置機器の型番やパネルの枚数が記載されているか(他社との違いはないか)
  • 設置機器、施工費用の内訳が記載されているか(他社との違いはないか)

複数社の見積もりを比較する場合、特に機器の型番と保証内容に注意しましょう。金額だけ見ると安くても、安くできる工法やグレードの低い機器での見積もりになっていることもありますので、十分な確認が必要です。

もし、同じ条件での金額が知りたければ、見積もりの部材の詳細や保証内容を伝えて見積もり作成をお願いするのも有効な方法です。

見積書は機器の型番や数量など細かい部分まで記載されていると、価格が適切かどうかを見極める判断材料となります。「太陽光発電システム一式〇〇円」と合計金額のみが記載された見積書を提示する業者には注意しましょう。

保証などのアフターフォローも重要な条件

太陽光発電は長期間、使用していくものであるため、設置後のアフターサービスも重要な比較ポイントになります。導入した太陽光発電システムを安心して使い続けていくためにも、施工保証や災害補償をはじめ、点検サービスを行っているか、トラブル時の体制はどうなっているか等をよく確認することが大切です。

また、補助金等の申請関係も思いのほか手間がかかるものですので、代理手続きをしてくれるかどうかも事前にチェックしておくと良いでしょう。

まとめ

太陽光発電を導入する際、金額だけで比較をすると施工方法やアフターサービス等の違いがわからなくなってしまいます。さまざまな視点から見積もりを比較して、それぞれのご家庭に最適な販売会社に依頼するようにしましょう。

<< 新着コラム一覧へ

日本最安値に挑戦!お問い合わせはこちら