コラム詳細

カテゴリ

<< 新着コラム一覧へ

改正FIT法新制度をお知らせするハガキ・メールについて

2017/03/16

  • 画像:タグ太陽光発電に関わる制度

2019年4月1日から再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)が新しくなるにあたり、旧制度で設備認定を取得済みの事業者様に、資源エネルギー庁より新制度についての案内が送られています。突然お知らせが届いてどうすれば良いのかわからない...と困惑されている方も多いかと思います。今回はそのお知らせの内容について詳しくご案内しましょう。

旧制度で設備認定を取得済みの事業者様に送られているお知らせの内容

2019年4月1日、いよいよ再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)が新しくなり、今までの設備認定制度が変更されます。それに伴って、旧制度で設備認定を取得済みの事業様と新制度で申請される事業者に資源エネルギー庁よりハガキやメールで新制度の内容をお知らせするご案内が届いています。

旧制度で設備認定を取得している事業者様へのお知らせは主に下記の2点です。

1.新制度への移行条件

平成29年3月31日までに電力会社との接続契約を締結済みであることが必要です。この条件を満たさない場合には、原則として認定が失効します。

ただし、平成28年7月1日以降に認定を取得している場合と電源接続案件募集プロセス等に参加している場合には一定の猶予期間があります。

2.新制度への移行後に必要な手続き

新制度への移行条件を満たした場合には、移行後6か月以内に事業計画と接続契約済みであることを証明する書類の提出が必要となります。手続きはインターネット上で行います。

上記の書類が6ヶ月以内に提出されない場合には、電力会社との接続契約が締結されていないものとみなし、認定が失効扱いとなります。

画像:資源エネルギー庁からのハガキ

<資源エネルギー庁からのハガキ>

新制度をお知らせするハガキ・メールに関する良くある質問

次に新制度をお知らせするハガキ・メールに関して、資源エネルギー庁に多く寄せられている質問の内容をご紹介しましょう。現在、資源エネルギー庁への電話が大変繋がりにくくなっていますので、資源エネルギー庁発表の良くある質問を簡単にまとめてみましたので参考にしてみてください。

Q:ハガキ・メールが届いたけど、これは何?

A:2019年4月1日より固定価格買取制度が新しくなることをお知らせするものです。

「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法等の一部を改正する法律」が2019年4月1日に施行されるのに伴い、従来の固定価格買取制度が新しくなります。設備認定を取得済みの事業者様にも影響があるため、変更内容をハガキやメールにてお知らせしています。


Q:ハガキ・メールはどこに送られているの?

A:10kW未満の太陽光発電システムを除く認定事業者または代行手続き事業者様に送られています。

メールアドレスを登録されている事業者様又は代行手続きを行った登録者にメールを、それ以外の認定事業者の方はハガキをお送りしています。ただし、10kW未満の太陽光発電で運転済みの場合にはご案内はお送りしていません。


Q:具体的な内容はどうやって分かるの?

A:下記の資源エネルギー庁のHPに、説明会で配布された資料が掲載されています。

下記に内容を簡潔にまとめましたので、こちらもご覧ください。


Q:運転済みの場合も認定が失効するの?

A:平成29年3月31日時点で運転(売電)が開始していれば電力会社との接続契約が締結しているため認定が失効することはありません。ただし、平成29年9月30日までに事業計画を提出する必要があります。


Q:10kW未満の太陽光発電案件も事業計画を提出する必要がある?

A:固定価格買取制度の開始前から発電を行っているIDが「F」から始まる特例太陽光以外は、全て事業計画を提出する必要があります。


Q:事業計画はどのような内容を提出するの?

A:買取契約の締結先事業者、買取価格、太陽方の合計出力量のほか、法令遵守事項への同意が必要です。また、運転開始前の案件は接続 契約が締結していることを証明する書類の提出が必要となります。


Q:事業計画の提出方法は?

A:事業計画はインターネット上で必要事項を入力して提出します。


Q:インターネット環境がない場合どうすればいいの?

A:インターネット環境がない場合には書面に必要事項を記載して郵送することになります。

まとめ

新FIT制度への移行は、旧制度で認定を取得していた事業者様にも影響があります。資源エネルギー庁から届くハガキやメールを確認し、内容をしっかり把握しておきましょう。新制度スタート後も、快適で地球にやさしい太陽光ライフを送っていきたいですね。

<< 新着コラム一覧へ

日本最安値に挑戦!お問い合わせはこちら