コラム詳細

カテゴリ

<< 新着コラム一覧へ

太陽光発電による雨漏りはなぜ起きるのか

2016/08/25

  • 画像:タグ保証・点検

  • 画像:タグ設置工事

太陽光発電導入後のトラブルのひとつに雨漏りが挙げられます。きちんと工事してもらったはずなのに、どうして雨漏りが発生してしまうのでしょうか?今回は、太陽光発電システムの設置による雨漏りの原因について詳しくみていきます。

太陽光トラブルの事例に雨漏りが多い理由

太陽光トラブルの中で最も事例が多いのは、導入後の雨漏りだと言われています。

ソーラーパネルを設置するには、まずパネルを固定する架台を屋根に取り付けなくてはなりません。また、架台を設置するには屋根に穴をあける必要があります。さらに、架台の金具を屋根の一番下の部分にある垂木・野地板に留めるために、その間にある屋根材と防水シートにも穴をあけることになります。

この行為が雨漏りのリスクを高めてしまうのですが、正しい施工を行なっている限り、雨漏りトラブルが起きることはありません。雨漏りの原因は、施工業者の手抜き工事と知識不足によるものなのです。

正しい設置作業を行わないと雨漏り発生のリスクが高まる

太陽光発電システムは、メーカー毎に設置する金具が異なり、設置作業を行うには各メーカーが発行している施工IDが必要です。しかし、中には施工IDを持っていないのに、工事を行う業者も存在します。メーカーの施工手順通りに、推奨された金具を使用することで雨漏りのリスクは低下しますので、工事の前に、施工業者がメーカーの施工IDを持っているかどうかしっかり確認しておきましょう。スター電器では、もちろん取り扱いメーカーの施工IDを取得している職人が施工しますのでご安心ください。

また、屋根材には、瓦をはじめ、スレート、金属、銅板など様々な種類があります。それぞれに適した施工方法があり、中には屋根材と野地板の組み合わせ等により太陽光発電システムを設置できないケースも存在します。このように屋根に関する知識が乏しく、正しい方法で施工を行わなかったり、取り付けできないにも関わらず設置してしまったりした場合に雨漏りが発生してしまうのです。

雨漏りが起きてしまったら、どうすればいいの?

太陽光発電を導入後に、雨漏りが発生してしまったらどうすればいいのでしょうか?

その場合には、施工会社の工事保証やメーカー保証に雨漏りに関する内容が含まれていれば対応してもらうことができます。ただし、メーカー保証を受けるには、メーカーの施工手順を踏んで設置されていることが条件となります。やはり事前に、きちんとした工事を行ってくれる業者かどうかを、よく確認することが重要だと言えるでしょう。

スター電器では、設置の瑕疵による雨漏りについては、設置後15年間の長期保証をしております。もちろん、導入後に雨漏りなどのトラブルが起きないよう、万全の注意を払って工事を進めておりますので、どうぞ安心して太陽光発電の導入をお任せください!

まとめ

高い初期費用を払って太陽光発電を導入したのに、雨漏りが発生しては、せっかくの太陽光ライフに水を差してしまいます。正しい工事を行うことで雨漏りは回避できますので、施工業者を選ぶ際には慎重に見極めることが大切です。

<< 新着コラム一覧へ

日本最安値に挑戦!お問い合わせはこちら