固定買取

再生可能エネルギーの固定価格買取制度

再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度は2012年7月1日にスタートしました。
固定価格買い取り制度とは、太陽光、風力、水力、地熱、バイオマスの再生可能エネルギーを用いて発電された電気を、国が定める固定価格で一定期間電力会社に買い取りを義務づけたものです。
発電した電気を電力会社が買い取る費用は、電気を利用するみなさんから賦課金という形で集め、再生可能エネルギーの導入を促進し、エネルギー自給率の向上、地球温暖化対策、産業育成を図ると共に、再生可能エネルギーが日本のエネルギーを支える存在となることを目指すものです。

平成28年度 買取価格・買取期間
10kW以上 10kW未満 10kW未満(ダブル発電)
出力制御対応機器設置義務なし 出力制御対応機器設置義務あり(※1) 出力制御対応機器設置義務なし 出力制御対応機器設置義務あり(※1)
調達価格 24円+税 31円(税込) 33円(税込) 25円(税込) 27円(税込)
調達期間 20年間 10年間 10年間

※1:北海道電力、東北電力、北陸電力、中国電力、九州電力、沖縄電力の需給制御に係る区域において、出力制御対応機器の設置が義務付けられます。