TOSHIBA 太陽光発電システム

世界一の発電効率による高い発電量

東芝250Wのモジュールは世界一を誇る20.1%の変換効率を達成しており、モジュールの変換効率とパワーコンディショナの変換効率をかけ合わせた総合変換率も19.1%と高く、世界トップクラスの発電能力を誇ります。

東芝モジュール 総合変換効率

モジュールの変換効率は太陽光発電を導入するにあたり、重要な数値になります。
同じ屋根で同じ枚数のモジュールを載せた場合、変換効率の高いほうが発電量を得ることができますので、 東芝250Wのモジュールは狭い屋根でも他社メーカーと比較するとより多くの発電が期待でき、発電量を重視する方に選ばれています。

東芝のモジュール

小さくて軽い

東芝250Wのモジュールは高効率ですので、「小さくても軽い」を実現しています。
その為、限られた屋根のスペースでより多くのモジュールを載せることができ、発電効率の良い南面へ集中させて配置することが可能です。
また、出力あたりの重量も軽いので、同じ容量のモジュールを載せた場合、他メーカーのモジュールと比較すると屋根への負担も少なくすることができます。
さらに、待望の125Wのハーフタイプモジュール(SPR-125NE-WHT-J)がリリースされたことにより、これまで以上に屋根のスペースを無駄にすることなく、配置することができます。

東芝モジュールは小さくて軽いを実現

バックコンタクト方式

国内外のメーカーを問わず、一般的にはモジュールの表面に電極を配置しており、太陽の光がモジュールに当たっても光を反射してしまうので発電ロスに繋がります。
しかし、東芝の「バックコンタクト(裏面接続)方式」の場合、電極をパネル裏面に配置することにより、反射により取り逃がしていた太陽の光を効率よく取り込むことができます。
また、電極を裏面に配置したことにより見た目もスッキリと綺麗に見えますので、高いデザイン性も東芝が選ばれる特徴の1つです。

バックコンタクト方式

ARコート・反射防止膜・反射膜

東芝のモジュールは光の反射による発電ロスを低減するため、モジュールのガラス表面の屈折率を下げる「ARコート(反射低減コート)」を採用しています。
また、セルの表面に「反射防止膜」を設けることによりセルの内部に光をしっかり取り込み、裏面にある「反射膜」により取り込んだ光を反射させ、光を逃げにくくさせて発電効率の向上に繋げています。

ARコート・反射防止膜・反射膜

15年・20年のパワフル保証

太陽光発電システムは設置してから長く使うものですので、設置容量50kW未満のシステムについては、長期間安心できるように業界トップレベルの20年・15年のパワフル保証(有償)がお選び頂けます。

15年・20年のパワフル保証

他社のお見積もりよりグッとお安くなる!!御見積もり依頼はこちらから